が今、思うこと

決戦の年を迎えて

2019年1月1日
  • 私が今、思うこと

 新年明けましておめでとうございます。
 皆さまにおかれては輝かしい2019年を迎えられ、今年1年の「幸せ」を初日の出に念じられたと思います。
 私も家族・親族の健康と活躍を念じて、今年の活動をスタートさせました。私の故郷である山梨では、今月27日に山梨県知事選挙、甲府市長選挙が施行されます。私たちの仲間が支援している候補者が当選し、4月の統一地方選挙、そして今夏の参議院選挙に向けて、ホップ・ステップ・ジャンプとなるために私も全力で取り組むこととします。
 さて、私は、「『結』あなたと創る協働&共生の社会」をスローガンに掲げています。これは「人を大切にし、誰もが安心して働き、暮らせる社会」をつくろうというものです。そのためには「平和な社会」をつくり、「国民が主役の政治」を取り戻すことが重要であるとの強い想いからです。
 しかし、今の政治は国民の意見を無視し、民主主義と相容れない不寛容な社会に向かおうとしています。「国民が主役の政治」を取り戻すためにも、民主主義、立憲主義に基づく政治を実践していきます。皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いします。