私が今、思うこと

東日本大震災発災から10年は通過点

2021年3月11日
 東日本大震災発災から本日10年を迎えました。死者・行方不明者・震災関連死を含めて2万2200人が犠牲になりました。改めて犠牲になられた皆さまに心より哀悼の誠を捧げます。行方不明の皆さまが家族の元に1日も早く戻れることを願っております。また、避難生活を余儀なくされている4万人を超える皆さまをはじめ、被災されたすべての皆さまにお見舞いを申し上げます。
 本年2月13日(土)、福島県沖を震源として最大震度6強という東日本大震災の余震が発生しました。発生した余震に対して政府の地震調査委員会は、少なくとも今後10年は大規模な余震が発生する状況が続くとみており、注意を呼びかけています。
 立憲民主党は、東日本大震災から10年の節目を迎えるにあたって、党内で議論を重ね、「人」を中心とした故郷の復興・再生を目指し、「復興に与野党なし」の立場で、被災地や被災者の一人一人に寄り添い、復興の最終的責任を負う覚悟で取り組んでいくことを誓い、「東日本大震災復興に対する34項目の提言」を取りまとめ、3月9日、復興大臣に手交したところです。
 私は、被災地や被災者に寄り添うということは、実際に被災地を訪問して、犠牲になられた皆さまに祈りを捧げ、被災地の現状を確かめ、被災者の皆さんの声を直接聞いて、その場でしか感じられない空気に身を置くことが、寄り添うことだと思っています。
 今、コロナ禍で訪問が叶いませんが、甚大な被害を受け、仲間を失い、プレハブの仮設郵便局で頑張っていただいている岩手県・陸前高田郵便局が、かさ上げ工事が終了した地域において新局舎の建設が始まります。新局舎を必ず訪問します。「心ひとつに」共に頑張りましょう。
 政府主催の東日本大震災十周年追悼式が間もなく始まります。規模を縮小しての開催のため、参議院議員会館内において中継視聴に出席します。
 東日本大震災を風化させることなく、真の復興・復旧に引き続き取り組んでいく決意です。

【参考】
下記の立憲民主党ウェブサイト・震災から10年まとめページにぜひアクセスください。

#震災から10年を考える
https://cdp-japan.jp/feature/311

これより新しい記事はありません